スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光・・・・

今日の午前中は(明日もね)ヴァチカン博物館の

通訳ガイドさんをしてきました。


観光をつつがなく終え

ふっと思ったのが・・・・・




あ。。。そういえば、オーディオガイドって聞いたことがない。



ということで、グループと解散した後

入口に逆戻り。7ユーロでオーディオガイドをかりてみました。


身分証と引き換えになるため、自分の運転免許証をわたして

携帯電話のようなオーディオガイドを受け取る。


作品の横に書いてある数字を機会に入力すると

説明が流れてくる。



よし、見所の多い絵画館に行こう・・・・・


絵画館には

ジョット、フラアンジェリコ、フィリッポ・リッピ、ペルジーノ

ラファエロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、カラヴァッジョ、ルーベンス

など

歴代の天才達の作品が陳列。。。

ペルジーノ
IMG_0218_convert_20091127015916.jpg


何々? ふんふんふん・・・・ ほほ~~ へ~ 

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「聖ヒエロニムス」 15世紀後半
IMG_0219_convert_20091127015943.jpg


こっちは一生懸命オーディオガイドの説明を聞いているのに

回りから邪魔が入る・・・・・



ヴァチカンのガードマン達である。



かなりの頻度でヴァチカンを訪れているため

殆どが顔見知り。



何をしてんだ~ という言葉が、わしゃわしゃと聞こえてくる。。。

回りでぎゃーぎゃーと騒ぐ・・・・・うるさい!!!


仕方がないので、説明番号だけ控えて

広場でゆっくり説明を聞く。。。。うぅ~~




絵画もいいけど

やっぱり絵画より、彫刻が好きだな~~~


ということで

キャラモンティー美術館も。。。




アウグストゥス皇帝
IMG_0224_convert_20091127014924.jpg


これを見ると、思わず叫びたくなる・・・・


IMG_0223_convert_20091127020429.jpg


A  NOI !!! (ファシストの合言葉)

いや、別に私はファシスト政党とは全く関係ない・・・というか

どちらかというと、ファシスト思想は反対派。


ファシストとは: 第一次世界大戦後1919年3月、ムッソリーニが組織した

「イタリア戦闘ファッシ」が母体。22年政権を獲得して一国一党制を樹立、

社会主義勢力に対抗して、民主主義を排し、独裁形態を強行。

第二次世界大戦イタリア敗退後、45年に解体。



2世紀の孔雀さん
IMG_0229_convert_20091127021932.jpg


ナイル川 こ・・・子供が群がってます!! 
IMG_0230_convert_20091127022055.jpg


ワニをいじめる子供??
IMG_0233_convert_20091127022409.jpg


アフロ 1世紀の女性像
IMG_0235_convert_20091127022607.jpg

うろうろ・・・・・

ラファエロの間 
IMG_0237_convert_20091127023219.jpg

午前中はグループでいっぱいなのに

午後は人がいなくてガラガラ・・・・

ラファエロの間
IMG_0245_convert_20091127023417.jpg

近代美術館はふる~~~い建物の中に入っているのです。

ゴッホ 近代美術館
IMG_0247_convert_20091127024618.jpg

あと、ルーベンスとか、ベーコンとかありましたね~



朝早くからだったので、疲れちゃった・・・・

明日も、ヴァチカン観光だし帰ろ~



んで、オーディオガイドの感想は。。。。





何か物足りない。  ・・・・・・以上。





家の近所のBARでティラミスが有名なのですが

道行く人たちがティラミスを食べている。。。

あと100mで家につくけど・・・・・


IMG_0254_convert_20091127024601.jpg


えへへ・・・・

買っちゃいました。

しかも新商品!!!ティラミス・ベリー味!!!!


うまうま~~~


スポンサーサイト

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ナイル川に子供が群がっている!?
コレを見てすぐに連想したものがあります
「鋼の錬金術師」の「真実の扉」
いや・・知らないとは思いますが
これ、まじに真実の扉を見た人が造った!
造形がどうのこうのというより ここに感動したー
(無知な私でごめんなさいね)

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんと、壮大な・・
さすがイタリアでござあましてよ。
この地でもここまでの壮大さはありませぬ。
食べ物も美味しいイタリア・・
すばらしゅうござあます。の一言でござあます。

ティラミスおいしそ~。ベリー味なんてあるのですね。
子供がわさわさいる彫刻ちょっとうけちゃいました。
なぜ、たくさんいるのかしら?
毎回写真を見る度にイタリア行きたいと思います。

教科書に載っていたものがいっぱい...
やはり行きたいアモーレ国、
必ず行きたいヴァチカン。
ミッション系育ちなので、カソリックじゃないのに
無意味な親近感を持つワタクシ(笑)

でも、いちばんうらやましいのは、
最後のティラミスです(大笑)

ヴァチカン美術館…。いったなぁ。
ラファエロの間で
「これ教科書で見た!」って1人で大騒ぎした記憶が…。(笑)

じっくり1人で絵を見るってこともなくなってしまいました。
たまにはいいよねぇ。

ティラミス…。
おまけにベリー味ですと。
夜に見る写真じゃなかったな…。(笑)

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そりゃ、生の演奏と、CDが、違うように。
覚えて、自分の言葉で語る演説と、原稿読んでるのが、違うように。。
ガイドは、生で、人間で、楽しい人がいいに決まってますって~♪
いつか、アモーレさんのガイドで、旅できたら、楽しいでしょうね^^vv

彫刻アフロ、気に入りました。

やはり、ガイドは 生身が一番ですよ。
機械は、説明してくれても 質問に答えてはくれませんものね!

以前、観光地にある「珍品秘宝館」なるものに 旦那と入りました。
入り口に、とても怪しい銅像が・・・
しかも、18歳禁・・・?
このへんで、普通は 気がつくのですが もうチケット買っちまったv-399

入ったら、とても説明できないようなーーーぁv-405
○○石とか、××観音とかーーーーぁ!

見るだけなら、我慢もできるが・・・
なんと、ガイドのおばはんまで 付いてましたーぁv-393

淡々と、××な内容を 語るおばはんガイド・・・
「こんな、ガイドいらねーーぇ」と
叫びだしそうでしたv-393

■ え゛~~!!!

カメラOKなのっ?
写真撮っていいの???
アモーレさんだから(顔見知り?)いいって訳じやないよね!
太っ腹(どぉ~ゆう意味?)だねぇ(゚m゚*)プッ

美術館とか博物館てダメな所が多いから・・・

私はティラミスもチーズも大好物♪
えっ?だから太るって?
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!

昨日見に行った「2012」という映画で
ヴァチカンはエライことになってましたよ!

なんかアモーレ国とかヴァチカンって
そこにいるだけで芸術家になった気分を
味わえそう!

ティラミスは密かに苦手~。チーズ系の
お菓子はダメです~。

「タムすけ劇場」第5話アップしました!
ぜひ見に来て下さいね!

ああ、本を片手に説明文読みながら歩き回ったよ。
疲れた・・・

「聖ヒエロニムス」ダヴィンチの未完の作品の一つ。
っていうかダヴィンチの場合未完の品の方が多いような。。。
これだから偏屈な芸術家はいかんとよね。

おぉ!!古代、胃腸弱いクラブ会長、オクタビアヌスぅ!!。
いいなぁ。
ローマ、バチカンいいなぁ。
一か月ぐらいゆっくり時間を取って行きたいなぁ。
飽きないだろうなぁ。

殆どが顔見知りっていうのが、これまたいいなぁ(笑)。

アモーレ国の住人 さま、こんにちは。

あーっ。あった、あった。ヴァチカン博物館。
なつかしー。

美術とか、芸術とかまるで疎い自分でも、ここの
作品は、「あ、これ歴史or美術の教科書で、見た
ことある!」ていうものばかりで、感激したことを
マジ思い出しました。

あー、それから、「携帯電話のようなオーディオ
ガイド」持ってる人もたくさんいたなぁ。

ううむ、不覚にも、
「何々? ふんふんふん・・・・ ほほ~~ へ~」
が、おかしくて笑ってしまった。。

て書いてたら、
「仕方がないので、説明番号だけ控えて
広場でゆっくり説明を聞く。。。。うぅ~~」で、
スンマセン、また笑わせていただきました。
(なんか、みんなが気軽に話しかけてくるって
いうところが、いかにも、イタリアっ!て感じ。)

「ラファエロの間」。
ここって、たしか、絵に近いところに階段がある
んだけど、絵を間近で見ようと思ってその階段を
上っていくと、下に降りなさいっ!て怒られる
ところでしたっけ(だったら、絵の近くに階段作る
なよな、と突っ込みたくなるという)?
アレ、違うところだったかな??

今日も、楽しませてもらいました。。
ありがとうございます。

お仕事お疲れ様です。
ヴァチカンは2度ほど行きましたけど
なかなか一つの作品をじっくり観るって出来なくて
広いし・・^^;
ざざざっと流して観てしまっていたんですけど
改めてみると彫刻も良いですね
今度行く機会があったら(当分ないと思うけど 笑)
ガイドお願いしようかな!
あ!でも高いかしら???少しお勉強してください(笑)

あ~ティラミス!美味しそう(*^。^*)
食べたいです。うちにも送って~(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comunediamore.blog45.fc2.com/tb.php/106-feb5e769

 BLOG TOP 

プロフィール

アモーレ国の住人

Author:アモーレ国の住人
居住地(寄生地):ローマ(伊)
性別:一応女
年齢:ご想像にお任せ

2006年4月からイタリアに住んでいます。ようやくイタリア人たるものが分かってきた今日この頃・・・日々お勉強の毎日でございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。